KUREHA

呉羽(上海)炭繊維材料有限公司のホームページをご覧いただき、ありがとうございます

当社は2003年に設立され、主力製品である炭素繊維成形断熱材(クレカFR)の輸出向けの生産拠点として運営を開始しましたが、その後、中国国内向けの需要にお応えすべく営業機能を加え、企業としての組織力の強化を図り、現在に至っております。

おかげさまで、クレカFRのみならず摺動部材向けのクレカチョップなど当社製品の品質の優位性をご理解いただき、お客様とのお取引を着実に増やしながら、中国国内でしっかり地に足を付けて、15年以上に亘って事業を継続することができております。

お客様をはじめ関係者の皆様に心より感謝を申し上げるとともに、半導体および光ファイバーの原料製造、機械部品や金属の熱処理といったハイエンド市場において、クレハブランドの認知度を向上させることができたものと自負しております。

現在当社は、“将来の発展に向けた土台固めの期間”と位置付けた中期経営計画「Kureha’s Challenge 2020」(対象期間;2019~2020年度)に沿って事業を運営しております。本中期経営計画のキーワードの一つである“製品差別化”を標榜し、品質・機能の優位性をはじめとする差別化された技術力をもとに、社会のお役に立てる企業に向かって取り組んでまいります。

引き続き、より一層のご理解とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

2019年8月
呉羽(上海)炭繊維材料有限公司 董事長
株式会社クレハ 高機能製品事業部 副事業部長
増子 二朗